ブラインドの修理

ブラインドは修理する時代になりました

調光と目隠しを兼ね備えたブラインドですが、長期間使用しているとどうしても故障や破損が起きます。ブラインド羽が折れたり、曲がってしまったり、昇降コードの摩耗や破損による、昇降不良、ブラインドの向きを変える操作棒の不良など、故障したまま使用している方もいらっしゃると思います。これまで、ホームセンターなどで販売されている既製品の中には、修理ができないものなどが結構ありました。しかし、近年はエコ意識などの高まりと共に、既製品であっても、オーダーであっても、よほど特殊な構造や材質でない限りは、修理が可能なものがほとんどとなっています。ただし、故障箇所をそのままにして無理矢理使用していた結果、修理不可能な状態になってしまうこともあるので、異常を感じたら早めに専門業者に依頼することが必要です。

一緒にできるリフォームも注目です

その場合、取り外しや設置の手間がかかりますが、その分経費は安くなります。また、今後需要を伸ばしそうなのが、修理と併せてクリーニングやリニューアルを行うサービスです。ブラインドの色を部屋のイメージにあわせて変更したり、材質をアルミから暖かみのある木質のものに変えたりといった、「ブラインドのリフォーム」サービスです。しっかりと定期メンテナンスを行いながら、長く愛着を持って使えるよう、そういったサービスもぜひ合わせて検討してみましょう。